やたらうんめぇ

組合について

経営方針

明るく、楽しく、一歩先行く営農組合
矢田営農組合

集落の概要と法人設立の経緯

戸数
  • 総戸数 73戸
  • 兼業農家 16戸
  • 専業農家 4戸
ほ場 耕地面積 60ヘクタール
法人設立の経緯
  1. 平成15年 国営ダム事業をきっかけに任意組合設立への話し合い開始
  2. 平成16年 「矢田農業ビジョン策定委員会」設立(法人化への 討を開始)
  3. 平成17年 集落アンケート実施。そば、えだまめをテスト栽培
  4. 平成18年 任意組合として水稲80 a をテスト作付
  5. 平成19年 農家28 戸が参加して「農事組合法人 矢田営農組合」を設立
  6. 11. 5ha を受託
    7/16 中越沖地震発生
  7. 平成 20年 復興基金事業によりライスセンター建設
  8. 市単独園芸振興事業を活用し野菜作付け面積拡大
    柏崎野菜としてマコモタケが認定される
  9. 平成 22年 地域復興支援事業(特産化事業)により 加工場施設(加工場、塩蔵庫、ハウス)建設

法人の概要

アクセス

名称 農事組合法人 矢田営農組合
設立登記 平成191 16
構成員 41戸
出資金 721
理事 理事:4 名(代表理事:石黒 芳和) 監事: 1 名
所在地 〒945-0215 柏崎市大字矢田 184
経営規模 借入地 20ha H26年作付 水稲 17ha、えだまめ2ha、マコモタケ0.7ha
その他 平成194 エコファーマー 認定